バース・ミッション

<ファイナル・ハート続編>   *2007.7.25〜9.15*

〜絶望こそが生まれた理由(わけ)。
そしてそれが使命(バース・ミッション)だった。〜      

<< 3*イリュ | main | 5*兄を遣わしたもの >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
4*遺跡守
 馬の蹄の音を聞いてエナンは家の中から飛び出した。
 夢のようだった。あの美しい人とカリフがエントナから降りるところだった。
「エナン?」
 あの優しい笑顔が自分の名を呼んでいる。
「イリュだ。怪我をした。少し休んでいく。」
 カリフはぶっきらぼうに言うとエントナを家の裏につなぎ、イリュを中に案内した。
 エナンはうれしくて、イリュの前に角ヤギのミルクやら、揚げマムやらスウプやらを並べ始めた。
「お父さんは強いのね。助けてもらったのよ。」
 エナンはうれしかったが、首を振った。
「父さんじゃない。カリフはカリフだ。」
 イリュが首を傾げると、カリフはポツッとつぶやいた。
「オレと同じでそいつは身寄りがない。」
「そう・・。」
 エナンは自分の首からぶら下げていた袋から、銀貨を1枚取り出してイリュに渡した。
「返すよ。これ。」
「使わなかったの?」
「うん。」
「ばかなやつだ。お守りにしてたのか。」
 イリュはカリフがそう言うのを聞いて微笑んだ。
「持ってて。お守りにしていればいいわ。どうしてもお腹がすいたら使っていいのよ。」
 その晩、イリュはそのまま留まった。
 エナンはイリュの歌を聞きながら眠った。
 エナンにやさしく触れるイリュの手はあたたかく、エナンはとろけるように眠りの淵に引き込まれていった。
 
 翌朝早くイリュはエントナの手綱を引いた。
 起さないようそっと出てきたつもりだったが後ろにカリフが立っていた。
「行くのか?」
「ええ。ありがとう。」
「もうひとりであの道は走るな。」
 そう言ってカリフは家に入った。
 イリュはしばらくそこにたたずんだが、エントナに飛び乗ると朝もやの中を駆け去っていった。
「イリュは?」
 エナンは起きるとイリュがいないことに気がついてカリフに問うた。
「もう帰った。」
「また来る?」
「もう来ない。」
「・・・。」

 イサウとその親は怒って酒場の主人に怒鳴り込んで来た。
 だが、主人は平然と言った。
「ぼっちゃんが試すと言ったんですよ。やめときゃよかったのに・・。カリフは試されただけだ。ほら、金は返します。なんでもぼっちゃんは通りかかった娘に乱暴しようとしたらしいじゃないですか。また評判が立ちますな。こういうのはあたしが黙ってても広がるもんで・・え?あ、そう、いいですよ。別のを紹介しますよ。もっともこの界隈でカリフに一度でも倒されてないやつはいないけどね。」

 イリュはまた来た。
 籠いっぱいのマムや緑桃の黒糖漬けを抱えて、エナンの元にもどってきた。
 カリフは可笑しいくらいうろたえて不機嫌そうに部屋を歩き回った。
「ひとりであの道を走るなと言ったはずだ。」
「ええ。だから違う道を来ました。」
 だがイリュは1日いるとまた朝もやの中を帰っていく。
 そして2週間も姿を見せなかった。
 どこから来るの?とエナンが問うても、ただ笑って答えなかった。

 ある時、エナンはふたりが言い争うのを聞いた。
「あなたはほんとうはまっすぐなひとだわ。どうしてお酒に逃げるの?どうして自分の人生から逃げるの?」
「何も分かっちゃいねぇ。オレはまっすぐなんかじゃねぇ。おまえを助けたのは気の迷いだ。元々飲んだくれでどうしようもないやつなんだ。もう来るな!」
「イリュ・・。」
 エナンは心配になってイリュのそばに寄った。
「エナン・・。」
 イリュは涙をこぼしてエナンを見た。
「遺跡守が聞いてあきれる!こんな汚れた男のところへ!」
「イリュは遺跡守なの?」
 エナンは聞いた。
 イリュはうなずいた。
「カリフ・・。遺跡守だとどうしてここへ来ちゃいけないの?」
 今度はカリフにエナンは聞いた。
「遺跡守はオレらとは違う。汚れを遺跡に持ち込んじゃいけねぇんだ。街に来るのが間違ってる。」
「汚れてなんかないわ。カリフの中には真っ白な魂がちゃんとある。」
「うるせぇ!」
 カリフはイリュを殴った。そして大きな音を立てて扉を閉め、家を出ていった。
 エナンは倒れたイリュに駆け寄った。
「だいじょうぶ!?・・どうしてカリフはイリュのことを殴るの?」
「・・自分の魂をちゃんと見るには・・痛みをともなうこともあるの。それに耐えるにはカリフの傷は深いの・・。殴られる人だけでなく、殴る人も痛いのよ。」
 それでもイリュは来た。
「また来たわ。」
 カリフは何も言わなかった。
Story | 09:27 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | 09:27 | - | -









http://birth-mission.jugem.jp/trackback/4

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
PROFILE
NEW ENTRY
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS
RECOMMEND

ボエム
ボエム (JUGEMレビュー »)
ディープ・フォレスト
リトルターン
リトルターン (JUGEMレビュー »)
ブルック ニューマン,リサ ダークス
ドリームキャッチャー
ドリームキャッチャー (JUGEMレビュー »)
シークレット・ガーデン
エデン
エデン (JUGEMレビュー »)
サラ・ブライトマン,ニュー・カレッジ・オックスフォード・クワイアー,イングリッシュ・ナショナル・オーケストラ,フランク・ピーターソン,ポール・ベイトマン,カリエ,フェラウ
ザ・シー・オブ・ドリームス
ザ・シー・オブ・ドリームス (JUGEMレビュー »)
デイヴィー・スピラーン,シネイド・オコーナー
SPONSORED LINKS